石川泌尿器科ブログ

2017年3月13日 月曜日

クラミジア・淋菌の咽頭感染について。

野球のWBC、サッカーJリーグが開幕しました。
大阪では大相撲春場所、次いで高校野球が始まります。
徐々に春らしい気候になってきましたが、寒の戻りもあります。
体調管理にはご注意ください。

男性の性病で最多はクラミジア性尿道炎、次が淋菌性尿道炎です。
その最大の感染源は風俗嬢のオーラルセックスと考えられます。
すなわち、風俗嬢の咽頭にクラミジア・淋菌が感染しているということです。
特に淋菌検出率は咽頭の方が性器より高いのです。
しかし、ほとんどの場合感染していても無症状で、咽頭発赤や扁桃腫大など他覚所見はありません
そのため、検査が行われず感染が拡大していることが危惧されます。

当院には風俗などで遊んだ後に「喉が痛い」、「咳が出る」などの症状で受診される方が少なからずおられます。
本来は耳鼻咽喉科や内科に受診すべき症状ですが、性病を心配して受診されます。
先に書きましたように咽頭にクラミジア・淋菌が感染することはありますが、ほとんどの場合が無症状です。
潜伏期間もありますから感染直後に症状が出ることはありません。
風俗で遊んだ際に風邪を引いたと考える方が自然です。

性病は性器外にも感染します。
しかし、自分の症状を性病によるものと決めつけることは危険です。
喉が痛い➡咽頭癌
目が痛い➡網膜剥離
微熱が出る➡白血病
リンパ節が腫れる➡悪性リンパ腫
身体が痒い➡肝臓病
など、さらに重篤な病気が原因だった方もおられます。

ただし、感染しているかどうかは別問題です。
検査をしないと感染の有無は分かりません。
重要なことは、感染の機会があった場合はきっちりと検査を受ける事です。

当院での咽頭検査は生理食塩水で約10~20秒うがいをしていただき、そのうがい液を検査に提出します。
従来の咽頭を綿棒で拭うスワブ法に比べ、患者さんへの負担が少なく、陽性率も高いという報告もされています。
簡単な検査ですから、心配な方は是非受けてください。

性病は自分一人の問題ではありません。
パートナーをも傷つける非常に重要な病気です。

大阪市鶴橋駅前の石川泌尿器科では日本性感染症学会認定医が診察を担当します。
一人で悩まれずに、是非受診ください。











投稿者 石川泌尿器科

ED・性病なら大阪市鶴橋駅徒歩1分の石川泌尿器科 電話番号:06-6977-4858
アクセス


大きな地図で見る
〒537-0024
大阪市東成区東小橋3丁目
14-31 鶴橋ライフビル4F

詳しくはこちら